売買の取引回数をチェックできます。買いはプラス側、売りはマイナス側になっています。

売買回数が多い場合、取引所の処理負担が増え、遅れが増すことが予想されます。

Graph by uplot(LICENSE)